備長炭


本当に「お遊び」なんです・・・



 やってきました「冬の500km耐久エコラン」。
なにせ昨年の夏は、あまりにもぶっつけ本番すぎた・・・今回は時間があるぞ、と言いつつもやはりこの時期忙がしいのだが、どんなことがあっても参加するのは決定なのだ!!
 2002年も、もうすぐ終ってしまう・・・そろそろ、準備をしなければ・・・さっそく「あまがえる」と「サボちゃん」に暗示をかけて、人まかせメンテナンスがスタート。
この2人ときたら、現役レーシングメカニックにまで声をかけしっかりと、道具まで用意する。
 さて、人それぞれ自分の力を発揮するポイントは様々で、コーナーウェイトゲージで各タイヤにかかる重量をキッチリそろえたり、車高を合わせたり、配線を引き直したり、タイヤに窒素入れてみたり・・・
 おかげでトラブルの出ないクルマになりました〜・・・
しかし自慢のアンダーボディは「作業しにくい!」と不満がでるも、メンテナンスの事を考えて作ったわけじゃないから・・・


フラットボトムが
わかりますか?
大晦日なんですが・・・
良い年のしめくくり・・・?
夢中人発見!

コーナーウェイト計測中

調整後の結果・・・
見よこの数字!!


本当に「お遊び」なんです・・・II

 レース当日までにはいろいろな事がありました。各部のチェックをすればするほど、不具合いが見つかり、その処理で地味な作業が続く・・・
 スポーツ走行をすればタイヤを温めないでとばすから、スピンしそうになって、縁石にのり上げ、Frボトムを底打ちするわ、ミラー飛ばしちゃうわでよけいな作業を増やすはめに・・・結局やはりバタバタしながらの準備となる。
 天気予報の「雨」を気にしながら、前日の夜あまがえると作戦を立てようとしたが、明朝の1時間走行会の結果で決めましょう、とその時は軽く考えていた。